薄い スマホ バンパー 人気商品

iPhone 6 バンパー 薄い_1

 

iphone6の本体は薄さが特徴です。そのiPhone6の薄さとデザインを損なわない薄型のバンパーも人気があります。iPhone 6 バンパー 薄い素材のものをピックアップし紹介したいと思います。ゴツくないiPhone 6 バンパー 薄いものの素材は、アルミ素材、ジュラルミン素材などがあります。アルミ素材は薄さと軽さに優れ、ジュラルミン素材は軽くて衝撃に強いことが独自のです。iPhone 6 バンパー 薄いを実現した世界最薄のバンパーケースがCAZEの「ThinEdge frame case for iPhone 6」です。このバンパーは新素材と言われる「TR90」使用しています。TR90は薄さ・軽さに優れ、また弾力性をもったバンパーに最適の素材です。その厚さはわずか1㎜、iphoneの薄さとフォルムを損なわないバンパーです。ディスプレイが大きくなったiphoneの持ちやすさやグリップ感を、そのままに活かせるようソフトマット加工がされており、落下防止効果を発揮しています。またAnkerから薄型で高硬度の「ウルトラバンパーケース」が販売されています。17gの超軽量を実現しており、またTPUを使用した弾力のあるバンパーは衝撃から本体を守ります。硬度5Hのバックカバーがついており、背面の傷を防止します。また価格の安さも注目のポイントです。薄く軽いバンパーはiphone6のフォルムを活かすのに最適です。

 

iPhone 6 バンパー 薄い_2

 

iPhone6のケースはタイプもデザインも素材も多種多様にあります。特性や好み、ニーズに応じて最適なケースを選びたいですね。iPhone本体のデザインの美しさをそのままに活かしたいならバンパーがおすすめです。バンパータイプを選ぶときのポイントは、衝撃への強度と操作性です。iPhone 6 バンパー 薄いものでないと、操作ボタンの一部が使いにくいものもあります。また薄くても強度や耐衝撃に問題ないものを選びたいです。iPhone 6 バンパー 薄い、かつ強いものを探すなら、アルミバンパーやジュラルミンバンパーがおすすめですよ。iPhone6本体のフレームも超ジュラルミンという、薄くて衝撃に強い素材が使用されています。デザイン性においても、本体と同調のメタリックな素材なので、一体感は右に出るものなし。アルミバンパーもジュラルミンバンパーもさまざまなメーカーから多数ラインナップされています。iPhone 6 バンパー 薄い、軽い、強いの三大ポイントを押さえたおすすめしたい素材です。金属になるので、アルミバンパーやジュラルミン、超ジュラルミンバンパーを選ぶときには、本体へのセット方法や、電波干渉、そして液晶部分の保護という点に注意してケース選びをしましょう。金属なので、接続部分の腐食や、電波の受信に影響を与えるものもあるようです。購入前に、注意してみてください。

 

iPhone 6 バンパー 薄い_3

 

iPhone 6 バンパー 薄いものは一応存在し、あまり厚くないバンパーを探している方に需要があります。バンパーも厚くなってしまうと、握りづらい状態となってしまうため、薄いものを利用したいと思っている方は結構います。薄いバンパーであれば、端末を阻害することも無いため、厚めに作られている物よりも使いやすいメリットはあります。
その中でも極薄と言われているのが、ThinEdgeです。この商品は世界で最も薄いバンパーと言われており、その厚さは1mmとなっています。バンパーとしての性能はそこまで高いものではないですが、取り付けた時の厚さを感じることは無く、使いやすさはあります。裸で端末を利用している方に取っては、こうしたバンパーの方が使いやすいこともあるので、ThinEdgeもそれなりの人気を持っています。
普通のバンパーは結構厚めに作られており、側面から落とした時の衝撃に耐えられるようにしています。しかし衝撃をカバーできる反面、厚くなって持ちづらい問題は生まれます。iPhone 6 バンパー 薄いものを探している方の中には、落とさないから薄いものでいいと思っている方もいるので、iPhone 6 バンパー 薄いタイプを探して、取り付けていることもあります。

 

iPhone 6 バンパー 薄い_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です