iPhone 6 バンパー カメラ の保護は大丈夫?

iphone6 バンパー カメラ_1

iphone6をオシャレに彩ってくれるバンパーですが、バンパーを使用する際に最も気になるのが背面にあるカメラの存在ではないでしょうか。iphone6のカメラは1ミリ程度飛び出している形状のため、背面をガードしてくれるケースを取り付けた場合だカメラ周りにもカバーがあるためカメラ自体を破損し辛くなりますが、バンパーの場合は外周のみをガードする形状のため、カメラ部分に関してはなんら保護するものが無いのがiphone6 バンパー カメラの実情です。
見た目のオシャレさを取るかそれとも背面をガードできるケースを取るかはなかなか悩ましい問題ですが、iphone6 バンパー カメラを保護するにはもう一つ選択肢が存在しています。
それがハイブリッドバンパーと呼ばれる新たなバンパーを使用する方法です。ハイブリッドバンパーは、通常のバンパー同様外周をアルミ製のカバーで覆うのと同時に、背面は非常に薄い透明なTPU素材でガードする方式となっています。
このハイブリッドバンパーは、TPUケースの良さを取り入れながらも、外周を覆うバンパーとしての特性も生かした商品となっています。透明で薄いTPUで背面を覆うことで、バンパーの弱点であったカメラ部分の保護も可能になるというわけです。
バンパーを使用したいけれど躊躇している人は、iphone6 バンパー カメラも保護してくれるハイブリッドバンパーを使用してみてはいかがでしょうか。

iphone6 バンパー カメラ_2

側面をしっかりガードできることで知られているバンパーケースですが、iphone6 バンパー カメラ部分が守られているのかは気になります。基本的に背面には何も存在しないのですから、落としてしまえばカメラ部分の破損に繋がる可能性はあるのです。しかしバンパーケースにはカメラ部分を守るための工夫もされており、そう簡単に落とした所で壊れることは無いです。
iphone6 バンパー カメラ部分が触れないように、バンパー自体に多少高さが付けられています。フラットな状態ではないので、カメラ部分が触れる前に、バンパーが触れるような感じになります。そのためバンパーが先に触って、はずみでカメラ部分の接触を回避することが出来るのです。これでも不安だという場合は、背面プロテクターを付けることで解消できます。プロテクターさえ付ければ、どのような落とし方をしてもカメラは守られます。
一見すると落ちたら終わりのように思われますが、iphone6 バンパー カメラ部分に触れないように、しっかりと対策は施されているのです。安心して利用するための技術はいくらでも開発されており、カメラ部分に影響が出ないようにする方法も作られています。今のバンパーはフラットのように思われますが、実はちょっとだけ大きく作られており、触れないように工夫されているのです。

iphone6 バンパー カメラ_3

万が一にも対応するiphone6 バンパー カメラ。安心できるiphone6 バンパー カメラ。iphone6 バンパー カメラ保護できるのは?

今やiPhoneのカメラは驚くほどの進化を遂げていて、下手なコンパクトデジタルカメラなどよりも性能がよくなっています。

このためデジタルカメラ業界はかなりの苦戦を強いられている状況なのだそうです。これは言ってみれば当然のことです。現代の携帯電話人口はスマートフォンにとって代わられたわけですし、スマートフォンには必ずカメラが搭載されていますので必要なくなってしまいますよね。

しかしカメラが高性能になったのは良いのですが、この高性能化ために1つだけ困った事態が怒ってしまったのです。この理由は最新機種のiPhone6並びにiPhone6プラスでは、カメラのレンズが本体から少し出っ張った構造となっているのです。

今までは本体とカメラのレンズはフラットで出っ張りがなかったので、レンズが破損するなんて思ってもいなかったのですが。

メーカーとしてもレンズには仮面に使用されている強化ガラス(ゴリラガラス)よりも高強度なサファイアガラスを使用して破損に対する対策は当然取られています。しかしユーザーからすると少し不安ですよね。
そこでご紹介するのが、カメラ保護を売りにしたバンパーケースなんです。

このバンパーケースは装着するとわかるのですが、本体よりも若干厚めにできていてカメラのレンズも地面に落としたときにでも直接地面に当たらない。と言った機能を備えているのです。
これの厚みを計算されてケースは作られているので、安心出来るのです。

iphone6 バンパー カメラ_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です