曲がらせない! iPhone 6 plus バンパーケース

iphone6 plus バンパーケース_1

iphone6 plus バンパーケースの中でも、最強クラスの強度を持っているとして知られているのが、The Edgeです。このバンパーはアルミではなく、合金のジュラルミンを利用して、更なる強度を手に入れることに成功しています。アルミはどこにでも手に入る素材ですが、ジュラルミンは貴重な素材であり、贅沢に利用しているバンパーとなっています。
このiphone6 plus バンパーケースを利用することによって、軽い素材なのにアルミ以上の強度を手に入れることができます。元々軽い端末を利用するのですから、折角なら軽いバンパーを利用した方が使いやすくなり、長時間の利用でも手が付かれません。ジュラルミンは航空機やケースに利用されている非常に硬い素材であり、ちょっとしたことでは傷が付かず、凹んだりすることもありません。取り付けることで、端末の側面は確実に守られることとなります。
A2017の素材を利用しているため、他のジュラルミンよりもやや硬くなっているのが特徴です。iphone6 plus バンパーケースの中でも最強と言われているだけあり、ちょっとしたことで端末が壊れてしまうことはありません。ネジを利用しないため、取り付けも簡単にできて、しかも電波障害が起こりづらい良さも持っています。

iphone6 plus バンパーケース_2

iphone6 plusのバンパー探しでは、とにかく破損を防ぎたい、落としても大丈夫なくらい強いカバーが欲しいと、強度を重視したiphone6 plus バンパーケースをお探しの方も多いですね。本体を曲げたくないと、とにかく強いバンパーをお探しの方に、強度の強いiphone6 plus バンパーケースをご紹介したいと思います。
とにかく強度を重視して作られたのが、ギルドデザインの「ソリッドバンパー for iPhone 6 Plus」です。素材はジュラルミンで、公的期間での実験によると、通常30kgの負荷で曲がってしまったiphone6 plusが、このバンパーを付けるとしっかり負荷から守られて、曲がることはなかったそうです。航空機などにも使われている素材だそうで、とにかくバンパーで破損を防ぎたいという方にお勧めです。
さらに落下の衝撃からしっかりと守りたいという方には「ライノシールド」がお勧めです。このバンパーは、7mの高さからの落下による試験に耐えた、強い耐久性を持っています。その耐久性の秘密はバンパー内部にあり、バンパーの内側にハニカム構造という独自の構造を入れたことで、しっかりと衝撃を吸収し分散させてくれます。こちらの素材はマットな質感で、iphone6 plus バンパーケースのアルミの冷たさが苦手な方にお勧めです。

iphone6 plus バンパーケース_3

スマートフォンを堅牢に、頑丈に守り抜くバンパーケースはスマホライフに強い味方です。特にiphone6 plus バンパーケースの商品は価値ある商品も多めです。早速紹介していきましょう。
まずは信頼できる商品も多いメーカー、SPIGEN SGPのNeo Hybrid EX Gunmetalです。バンパータイプというと無機質なデザインを捨てた機能美だけの商品が多いようなイメージですが、こちらの製品はiPhoneのルックスとマッチし、最適なデザイン性を実現。もちろん機能も十分なもので、衝撃を吸収分散するバンパーの頑丈さは折り紙付きです。TPU素材の信頼性も高いバンパーです。
iphone6 plus バンパーケースの人気商品のひとつ、GRAVITY SWORD α グレイは非常に売れているバンパーです。iPhone本体をしっかりガードし、簡単には曲がらない丈夫さを実現。見た目もシンプルでデザインを壊さない素朴な魅力があります。
iphone6 plus バンパーケースで完璧な守りを実現したい人に贈るのがこのibacksのEssence Bumper / Gold (with Gold Edge)。アルミニウムは安心の日本製で、着脱に関しては工具が不要の親切設計となっています。最薄部0.6mmの仕様は確かな強靱製も備えており、機能、デザイン共に最高レベルのバンパーであることは間違いありません。
日々のiPhoneライフをこれらの安全安心なバンパーケースと共に乗りきっていきましょう。

iphone6 plus バンパーケース_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です