iPhone6 ハイブリッド バンパー 登場

バンパー iphone6_1

 

ハイブリッドバンパー iphone6もどんどん登場しており、通常のアルミバンパーとは違う所で人気となっています。このタイプは2種類の素材を利用して、更にクッション性を向上させている物が多いです。通常のアルミだと衝撃の吸収能力が薄くなっており、落とした時にアルミが曲がる等して問題となりますが、ハイブリッドタイプだと曲がりづらくなります。
2つの素材を混ぜることによって、通常のバンパー iphone6よりも更に強度が増し、更に衝撃を吸収する力を持たせることができます。アルミ系の素材を利用していないものが多く、カーボン系の素材と何かを組み合わせる傾向が多く、エレコムなどが販売しています。アルミバンパー並みの硬さと曲がりづらさを実現しており、プラスチックタイプよりも使いやすさを持っています。
またバンパー iphone6の定番と言われているネオハイブリッドも、ハイブリッドバンパーと言われるものの中に入ります。これは裏側に背面プロテクターを用意するだけでなく、単純な素材だけでバンパーを作らないことで、更に強度を増しています。端末が薄いタイプだからこそ、側面の補強は絶対に必要です。簡単にできるのは、ハイブリッドバンパーのような軽くて強い素材です。

 

バンパー iphone6_2

 

同僚が先日iPhone6を買ったといって見せびらかしてきたんですが、最近のiPhoneカバーは全体を覆うのではなく外周を囲うような枠状のものになってるんですね<バンパー iphone6は、僕はいまだにiPhone3Gを使ってますので、けっこう気になっています。

4G、5G、と世代が新しくなるごとに性能が飛躍的に向上しつつも、どことなく所詮はスマホ流行り物という印象であまり食指が動かなかったんですが、6Gとなるとカメラや処理性能だけでなくApplePayへの対応や指紋認証などぐっと生活の中での必須品としてインフラ的にとけこもうという意図が見えます。もちろん専用の機器に比べてまだ絶対性能は劣るかもしれませんが、ポケットに入れて持ち運ぶことができていつでもウェブに繋がることができるという利便性を考えるとトレードオフができている、あるいはそれ以上だと感じますね。ライフスタイルにつながっているという印象があるのは、むしろiPhone6の方です。

ところで僕は3Gはカバーは付けずに使ってました。というのも、カバーを付けてしまうことでiPhoneの触り心地を堪能できなくなってしまうからです。あまりスペックに表れないですが手に持ってみた感じという感覚的な面では個人的にAppleは他のメーカーと比べ一線を画していると思ってますし、広告上で魅力的に見えるだけで終わらない、購入した後も快適に使ってもらいたいというデザイナーのこだわりが感じられるのが気に入ってます。ハイブリットバンパーはその点iPhoneの本来のデザインを壊さないという点で僕の好みですね。

僕がなんで3Gから4G/5Gに買い換えなかったかというと、気に入ったケースが売ってなかったからなんですよね…知り合いがで4Gを買ったその日に落として画面を割ってしまったという人がいたので、ケースなしで新たに導入するのはなんとなく抵抗がありました。せっかくのiPhoneなので、好みでないケースをつけてなんとなく使うよりは素のままで使いたいというのと、壊したらもったいないという気持ちとで葛藤があって…。

そういうことなのでバンパー iphone6という組み合わせは個人的にストライクですね。iPhoneのデザインを壊さずに補強ができます。ようやく俺のほしいものを出してくれた!というのが率直な気持ちです。それとさっき書いたことと矛盾するかもしれませんが、実はカバーを気分でつけかえて楽しそうにしているという点では4G/5G使用者をうらやましくみてました…なんだかとても楽しそうだと。バンパーはシンプルでiPhoneとの色の組み合わせも違和感なく楽しめそうなんじゃないか?と期待してます。

さっきAmazonで見てみたらバンパー iphone6向けのものがけっこう出揃ってますね。気に入ったバンパーを見つけたらiPhone6を買ってもいいという自分への言い訳にしようかな…

 

バンパー iphone6_3

 

iphoneをよりおしゃれで、そしてしっかりとプロテクトするためにできることに中にカバーやケースをつけるという方法がありますが、その中でも魅力的なバンパーを装着してみるという方法があります。バンパー iphone6として注目されている商品の特徴としては次のようなものがあり、調べてみる価値があります。

その中の特徴の1つはこのバンパーがハイブリッドであるということです。弾性のあるTPE素材と、軽くて丈夫なポリカーポネートのハイブリッド構造により、側面、そしてエッジをしっかりと保護してくれます。多くの場合に傷ができるのは側面であり、そこが保護されるのです。

さらにカラーも単色ですと今ひとつな感じがしてしまいますが、ツートンカラーとなっていて、とてもおススメすることができます。バンパー iphone6として、ハイブリッド構造のバンパーは確かにデザイン性もそして強度の面でも信頼できます。

さらにバンパー iphone6の特徴は側面のみですので、デザインを損なうことがありませんし、このバンパーを付けたままで純正のケーブル接続や写真撮影なども問題なくできます。さらに程よいグリップ感がとても使いやすく、落下防止しにくくします。握りやすくて手が滑りにくくなるのです。

 

バンパー iphone6_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です