この春、おすすめの iPhoneバンパーケース

iphoneバンパーケースおすすめ_1

 

春になったら明るい色のバンパーを採用したい所ですが、iphoneバンパーケースおすすめとして挙げたいのは、Baseusが販売しているアルミバンパーです。この商品はあまり高くないだけでなく、カラーバリエーションが比較的多く、しかも明るいタイプが多いのです。春らしい色でカバーすることが出来て、しかもアルミ製なので強度も高くなっています。
最大の強度まで持って行きたいと思っているなら、耐衝撃バンパー BricWave Extremeという商品があります。iphoneバンパーケースおすすめとして挙げる理由として、バンパー部分が2重に作られており、非常に頑丈な形に仕上がっています。また防弾に利用されるような素材を利用したフィルムがついており、液晶部分もしっかり守られています。バンパーなのに多くの部分を守ることが出来て、しかもジュラルミン並みの硬さを持っているので、iphoneバンパーケースおすすめとして挙げたいです。
他にも色々なバンパーはありますが、最近は衝撃を多く吸収するようなタイプや、絶対に落としても壊れないようにするための製品が人気となっています。バンパーケースはある程度のカッコ良さを追求しつつ、保護という部分に重点を置くといいものが見つかります。

 

iphoneバンパーケースおすすめ_2

 

iphoneを保護したいときには、iphoneバンパーケースおすすめがぴったりです。バンパーはiphoneの液晶部分はそのままで側面だけをカバーします。背面のりんごのマークもわかる状態です。ケースは容器という意味があるようにより耐久性を増したものです。どちらにするかは、デザイン重視か安全重視です。バンパーはスリムなiphoneの状態を持ち運びたいときに、ケースはもしも落としたときにも壊れないように液晶部分も保護したいときに使います。

iphoneバンパーケースおすすめからバンパーを取り付けると、iphoneの液晶ガラス面の横からの衝撃をブロックします。iphoneの側面はアルミでできています。アルミはコーティングが剥がれたり傷がつきやすいため、側面を保護するのがバンパーもすっきりしてよいでしょう。

iphoneバンパーケースおすすめの素材として、衝撃から守る堅いプラスチックと柔らかいラバーの組み合わせがあります。このペアは価格が安くなっています。他に、メタルとラバーの組み合わせ、高級感や軽さが特徴のアルミ、航空機にも使う超々ジュラルミンというアルミ合金、があります。

プラスチックは堅いため装着しづらく、メタルはレンチとネジを使います。ネジを使わないものもありますが、その場合はスキンシールと組み合わせてデザインを変えることができます。

 

iphoneバンパーケースおすすめ_3

 

春になって、新しいiphoneに買い替えた人。また、バンパーケースだけでも新しいものに変えようと思っている人も多いと思います。そんな人にiphoneバンパーケースおすすめ商品と言えば、カラーバリエーションが豊富なバンパーケースになると思います。最近では、iphoneバンパーケースもカラーバリエーションが豊富な物が多くなっていて、春らしいカラーのiphoneバンパーケースも見つけやすくなっています。特に桜をイメージしたピンクのiphoneバンパーケースおすすめ!素材は、アルミでもシリコン製でも大丈夫です。
また、そんなiphoneバンパーケースおすすめ素材と一緒にぜひ使ってほしいのが、背面用スキンシール。この背面用スキンシールとiphoneバンパーケースを一緒に使用する事で、もっと、春らしくてオリジナル感あふれるiphoneに仕上げる事ができます。この場合、クッション性に優れた背面用スキンシールを選ぶ事で、iphoneバンパーケースだけでは守りきることの出来ない背面の傷も保護する事が可能で、デザイン性だけではなく機能性も兼ね備えたバンパーケースにする事が可能です。
多くのiphoneバンパーケースの中から、自分にあったバンパーケースを選び、背面用スキンシールを使用する事で、一段と個性あふれるiphoneバンパーケースに仕上げる事が可能です。

 

iphoneバンパーケースおすすめ_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です