iPhone バンパーとは何か?

iphone バンパーとは_1

 

iphone バンパーとは、端末の側面にだけ取り付けることで、側面部分から落ちた際の衝撃を吸収する効果を持っています。ケースの裏面が無くなって、バンパー部分に大きな補強がされている物と考えてもらえば分かりやすいです。バンパーは重さを残さずに端末を守ることが出来るため、比較的安心して利用できるメリットがあります。
ただiphone バンパーとは、裏側の部分が全く守れない問題が出てしまいます。バンパーは側面だけに取りつけるため、端末裏側の部分は完全に見えている状態です。端末の色を見せられるという部分はいいのですが、落としてしまえば破損する確率はかなり高いです。利用する場合は背面プロテクターを利用することも多く、少しでもカバーをしっかりとつけて、端末を守れるようにしています。プロテクターは透明の物もあり、端末の色を阻害することはありません。
最近は非常に軽いバンパーも存在し、iphone バンパーとは多くの方に愛されている、手軽に行える補強方法なのです。ネジで止めるタイプも多数ありますが、はめ込むだけで取れなくなる物も多数あるので、ネジを無くして取り付けられないことは無くなりました。アルミやジュラルミンといった、強固なバリアを作れるのが最大の特徴です。

 

iphone バンパーとは_2

 

iphoneを使用している人はケースか、バンパーを使用していると思います。ケースというのはだいたい聞いただけで分かると思うのですが、iphone バンパーとは一体何でしょうか?実物を見ていただくのが1番分かりやすいと思うのですが、バンパーというのは、車のバンパーと同義で、衝撃から守るものです。車のフロント部分に衝撃吸収のためにつけられている器具がバンパーで、これにより安全負が保たれるなどのメリットがあります。一方、ケースは単に保護するだけであって、どちらかというとデザイン性が重視されがちです。オシャレなものが多いですからね。バンパーでも割とデザイン性を重視したものが増えてきましたが、iphone バンパーとは何か?といったときには、バンパーは衝撃吸収が主な役割になると思います。ただ、このバンパーも全ての衝撃から守ってくれるわけではなく、多くの製品では、輪郭部分しか守っていないもの、つまり液晶や背面部分は守られていないものもあるので、その2つの部分については傷がついたりするリスクもあります。iphone バンパーとは基本的に本体を守ってくれるものですけど、そのバンパーも完全なものではないということを知っておく必要があります。

 

iphone バンパーとは_3

 

iphone バンパーとは、iphoneの側面をぐるっと覆うことで、傷や衝撃から守る製品です。
iphoneの破損は、落下の衝撃によるものが一番多く発生しています。その中でも多いディスプレイの破損は、iphoneの側面部からの衝撃でヒビが入ってしまうことが、ほとんどです。落下した時に一番衝撃を受けるのが側面部であり、傷がつきやすいのも、この側面部です。
iphone バンパーとは、この側面部をしっかり補強することで、iphone全体の強度を増す役割をしています。ケースと同じように傷や破損から守るのが目的ですが、ケースは付けず、iphone自体のデザインを楽しみたい、出来るだけ装飾を排除したいという方や、iphone本体の手触りを楽しみたいという方に選ばれています。
邪魔にならずiphoneの薄さを、そのまま感じられるのもバンパーの良いところです。バンパーは、薄くて軽い製品がたくさん登場しており、しっかりとiphoneをホールドしながらも、本体を際立たせてくれます。
また強度を保ちたい方に向けて、衝撃に強い製品も多く登場しています。バンパーが好きだけれど、やはり傷やヨゴレも気になるという方には、バンパーとセットで本体の保護者フィルムがセットになった製品もありますので、用途に合わせて、お好みのものを選ぶのがお勧めです。iphone バンパーとは、iphoneの耐衝撃性を高める上で欠かせない存在です。

 

iphone バンパーとは_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です