スマホカバー バンパー変りダネ商品!

iphoneカバー バンパー_1

 

iphoneカバー バンパーはやはりiPhone自体のフォルムを崩さないという点は素晴らしいと思います。iPhone5の場合はバックパネルのアルミの部分が傷付きやすいという点があるかもしれませんが、その場合は背面の保護シールを使用すれば、傷がつかなくなると思います。ただ、鍵などの金属質の物と一緒にポケット等に入れるのは避けた方がいいと思います。iphpne自体のフォルムが好きで、シンプルなデザイン性を求めるのであれば、iphoneカバー バンパーはおすすめです。
また、iphoneカバー バンパーは、全体を保護する一般のカバーと違い、iphoneの側面のみを保護するので、再軽量化にしたい方にもおすすめです。そして、iPhone5の場合自分の手では、薄くなって持ちにくくなったことが、iphoneカバー バンパー装着することにより、グリップ力が上がって、滑りにくくなり、手に馴染みやすく、持ち運びしやすくなります。私もiphoneカバー バンパーを使用していて、シンプルなデザイン性も気に入っていますし、スタイリッシュなフォルムを実現してくれたiphoneカバー バンパーの発想にはとても感謝しています。
私が購入したiphoneカバー バンパーのものは電波に影響を与えないように処理がされています。正規代理店など信頼のおけるものであれば、心配入らないように思いますが、ただ安さだけを、コストを売りにしている正規品かどうか疑うようなものは、避けられた方がいいと思います。以前ネットで買ったiphoneカバー バンパーは、電波に影響があって、ネット接続や電波の受信がしにくい状態になっていたので、購入する時は、正規の製品に限ります。海外の安いものは、特に注意して見て頂きたいと思います。

 

iphoneカバー バンパー_2

 

みなさんは、iphoneカバー バンパーと聞くと、どのような物を想像しますか?シンプルで、機能性を重視したような物ですか?それとも、iphoneのデザインを活かすもの?今までのiphoneカバー バンパーは、このような物が多かったと思います。
しかし、最近では、少し変わったiphoneカバー バンパーも販売されているんですよ。例えば、素材。素材も様々な物があり、固いプラスチックと柔らかいラバーで出来たものやアルミ製のほか、ジュラルミンを使ったバンパーまであります。ジュラルミンとは、航空機に使用されるほどの強度を持つ素材。その為、衝撃から大切なiphoneを守るには最適のバンパーになっています。
その他、スキンシールとバンパーを組み合わせる事で、自分オリジナルのiphoneカバーを作る事ができるんですよ。例えば、バンパーのカラーに合わせたスキンシールを張ってみたり、大好きなキャラクターのスキンシールとバンパーを組み合わせる事もできます。そうする事で、無限に広がるオリジナルiphoneカバー。個性を重視する人には、ピッタリだと思いますよ。
このように、素材やカラーバリエーションが豊富になってきている為、自分にピッタリのiphoneカバーをバンパーを使用して作る事が可能です。

 

iphoneカバー バンパー_3

 
カバーにも特色を出すことが必要とされており、iphoneカバー バンパーを作っている会社では、変わり種と呼ばれるタイプを出しています。最近登場したカバーとしては、LEDライトが搭載されている物があります。普通のカバーにはそのような機能はありませんが、これはLEDライトを中に入れることで、暗い場所でも照らしやすくなっています。端末のライト機能を利用しなくても、ある程度の明るさを手に入れることができます。
バンパーで面白いのは、動物の形に作られているタイプです。iphoneカバー バンパーは、基本的に端末の形に作るので、四角いものばかりになってしまいます。しかし動物の形にバンパーをかたどることで、可愛らしさをアピールできるのです。猫や犬、ネズミやクマなどのバンパーを作り、見た目のかわいらしさを追求したバンパーです。
このような変わり種は、iphoneカバー バンパーとしての機能を残しつつ、しっかりと個性を出しているタイプが多いです。LEDライトのように実用性の高い変わり種もありますので、色々なカバーから考えていくと面白いものが見つかるかもしれません。アニメのキャラクターを描いたものや、ライトに当てると変わったデザインに変化するカバーもあります。

 

iphoneカバー バンパー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です