スマホ バンパー iPhone について他社との比較

バンパー iphone_1

スマートフォン利用時に、最も気を付けなければいけないのが、落下などによる本体の破損です。カバーを付けると本体デザインを損なってしまうため、新たに登場したのがバンパーと呼ばれる本体保護をすることが出来るカバーです。バンパーの場合、外周だけを保護する形状となっているため、本体のデザインをそれほど損なうことなく使用することが出来ますし、カバーのように全面を覆わないためスタイリッシュに取り付けることが可能になってます。バンパー iphone用とAndroid用のバンパーを比較した場合、圧倒的にバンパー iphoneのほうがバリエーションが非常に多く種類も多いと言うことに気が付くと思います。これはiphoneとAndroidが根本的にその成り立ちが違うと言うことも関係していると言えます。iphoneの場合は1年に1回のペースで1機種~2機種程度の新機種が発売されますが、Androidの場合は1年に何度も、しかも複数の会社から様々な機種が発売されるため、バンパーを製造し難いという背景があります。機種のサイクルが早いため、新機種に合わせたバンパーを開発してもすぐに次の機種が出てしまい、結果的にバンパーが売れ残ると言う恐れもあります。それにAndroidの場合は売れる機種と売れない機種が有るため、せっかく作ったバンパーが全く売れないと言うことも考えられます。しかしiphoneの場合は種類が少なく長期スパンで販売されるため、バンパーの開発がし易く長い間販売することが出来ると言うメリットがあります。何より日本に限ってはAndroidよりも圧倒的に利用者が多いため、バンパーを作った場合に売れる可能性が高いのも、バンパー iphoneの種類がAndroidよりも格段に多い理由となっているようです。

バンパー iphone_2

バンパー iphoneではバリエーションが豊富にあるのが特徴です。
アップル社が発売した大きさが統一されていますから設計や量産がしやすいというのもありますが、個体に対してのユーザーの数がとても多いのでメーカーも企画しやすいからです。
Androidの場合ですと機種が幅広くある分メーカーが多すぎてサードパーティ製のバンパーの種類が出にくいというものがあります。
それにすぐに新しい新機種が次々と登場しますからiPhoneほど選べる種類が存在しません。
ですからアクセサリーを選ぶのが好きの方にとってはiPhoneを選ぶのが最適でしょう。
バンパー iphoneのバリエーションについて先ほどご紹介したようにたくさんありますが主にプラスチックでできたものやゴムやアルミ製のものがあります。
プラスチック製は扱いやすくスケルトンになっているので美しいiPhoneを活かしながら見せるケースとしていいでしょう。
ゴム製はカラフルなものが多くて衝撃吸収能力に優れていますから大切に保護したい方にうってつけです。
アルミでできたものは高級感がありますからビジネスの場でさっとiPhoneを出しても違和感なく溶け込んでくれるでしょう。
お気に入りのバンパー iphoneを探してみてください。

バンパー iphone_3

iphoneのスタイリッシュなデザインを隠す事無く本体をガードできるとして人気が高いバンパー iphoneはバリエーションも豊富に販売されています。
特に側面は傷つきやすく少しぶつけただけで塗装が剥がれたりすることもあるので人気が高いようです。
iphoneだけではなくAndroidでもバンパータイプのケースは販売されているものの、機種数が圧倒的に多くその上それぞれ形状が異なるということからバンパー iphoneほど種類は多くは無いようです。
おまけにAndroidのバンパーは色の種類は少しづつ増えて多少選べるようになったものの、装飾など全くないシンプルな物が大半だというのが現状です。
それに比べてバンパー iphoneは色だけではなく素材にもこだわった物が多く、値段も1,000円以下で買えるものから1万円を超す高級な物など豊富に揃っており、スワロフスキーが施されたオシャレなデザインも物や、iphoneを立てて使う事ができるスタンドが内蔵されている機能的に優れた物など次々に登場しているので自分のライフスタイルに合ったものを選ぶと良いでしょう。
中には「側面がガードできても本体の傷が…」と気になる方もいらっしゃるようですが、そういった場合は画面と共に背面もガードできる透明のスキンシールなどを使うと安心です。

バンパー iphone_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です