iPhone 6 バンパー。人気商品の特徴と傾向とは?

iphone 6 バンパー_1

 

iphone 6 バンパーの中にはかなり人気になっている商品もありますが、その傾向は真っ直ぐしたバンパーとなっています。バンパーの中には真っ直ぐではなく、ちょっと幅広に作られている物もあります。しかし売り上げ上位に入っている人気商品は、全て真っ直ぐのバンパーとなっています。広がっている物は持ちにくいと判断されてしまい、売上の上位に入らないのです。
もう1つは淵の部分にカラーが付いており、見た目を少しだけ変えられる物です。カバーと違って目立つ意味で利用するわけではありませんが、何の特徴も無いバンパーは人気になりません。iphone 6 バンパーの中でも、淵の部分に赤や青等の色が入っている物が人気で、ちょっとだけ目立つような感じになっていると人気が出ます。もしくは端末と同じ色合いを持っているタイプであれば、目立たなくてもバンパーが無いように見えるので、こちらも人気です。
iphone 6 バンパーは、上記に書いた2つの傾向を持っている物が人気となります。後は価格があまり高くないアルミバンパーであることが傾向として挙げられますが、最近はジュラルミン系のバンパーも人気になっているので、硬さと軽さを両立できるバンパーが人気となりつつあります。

 

iphone 6 バンパー_2

 

iphone6はそのスリムな形状が人気の製品です。iphone 6 バンパーは、スリムな形状を活かし軽量化を目指した、軽量・薄型タイプと、スリムゆえの破損から守るため、強度が強くしっかりとホールドしてくれるバンパーとに傾向が別れています。軽量・薄型のiphone 6 バンパーを好む方は、iphone 6自体の外観を活かしたり、手触りを楽しみたい方も多く、シンプルなバンパーやクリアケースにも人気が集まっています。強度の強いしっかりとしたバンパーは、その強度が年々増す傾向にあり、多彩なデザインのものが販売されています。iphone 6 バンパーの軽量・薄型タイプはアルミバンパーに多く、その薄さは世界最薄で厚さ1㎜と言われ、何もつけていないような感触を実現しています。重量も軽いものが多く、画面サイズの増したiphone 6では少しでも軽量化したい方たちに選ばれています。破損から守る強度の強いバンパーでは、アルミと他の素材を組み合わせたものも登場しています。自動車メーカーのスバルからは、アルミとドライカーボンを組み合わせたバンパーを発表しています。航空機などに使われる非常に強い素材だそうです。またデザインとして珍しい製品が「RADIUS case」で、背面をアルミがクロスするデザインのバンパーです。一味違った個性を感じさせてくれます。

 

iphone 6 バンパー_3

 

最も利用者が多いスマートフォンといえばiphoneですが、昨年発売されたiphone6は今までのものよりも一回り以上ボディが大型化されたため、ケースを付けてしまうとさらに大きくなってしまいますし、綺麗な本体色をケースで隠してしまうのを嫌がる人は本体をそのまま使用する人も多いようです。
しかしそのままの状態で使用してしまうと、思わぬ落下などで本体が傷ついてしまう恐れもあるため、出来ればケース以外の方法で本体をガードできればと考えている人も多かったようです。そういったニーズに答えて発売されたのが、外周だけをガードする形状のバンパーと呼ばれる商品です。iphone 6 バンパーには色々な商品が販売されており、衝撃を吸収することを前提としたもの、ガードするのと一緒に外周を綺麗に飾ることが出来るもの、本体を出来るだけ大きくしないように薄く密着する形状のバンパーなど、用途に応じて様々なものがあります。
その中でも人気があるiphone 6 バンパーは、金属製で見た目も良く、強固に本体をガードしてくれるものと、外周は大きくなるけれど落下時に本体をがっちり守る形状のバンパーが人気を二分しているようです。金属製の商品は特に女性からの支持が高いようで、色や模様で他人に差をつける商品に人気が集まっています。男性は落下させることが多いせいか、衝撃吸収タイプのバンパーを選ぶ傾向が強いようです。年齢によっても購入する商品が異なり、年齢が高くなればなるほどシンプルな金属製の商品を選びやすいようです。
iphone 6 バンパーはこれからもどんどん種類が増えると思いますが、自分のライフスタイルに合わせたバンパーを使い分けると気分も変わって新鮮な気持ちでiphone6を使用できるのではないでしょうか。

 

iphone 6 バンパー_4

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です