iPhoneのホームボタンの効きが悪くなった場合の対処法。

a

 

ついに、やっぱり、iPhone4のホームボタンの効きが悪くなってきました。iPhone4Sでは解消されているようで、iPhone3G~iPhone4までを使用している人だけの悩みのようです。Appleストアの人にも聞いたんですが、消耗品絡みのようでなかなか防ぐことはできないみたいですよ。と、早くiPhone5がでないかと思いながらも、やはりホームボタンの効きが悪いのは不便だったので、友達に相談してみたりしました…。

そしたら、知らなかった機能を教えてもらったので、ここで紹介しようかと思います。

簡単に言うなら、iPhoneのタッチパネル上にホームボタンを出す方法。上の写真のように、画面上にホームボタンが出現します。このボタンは、画面上の8カ所(左隅4カ所、右隅4カ所)に自由に移動でき、タップすると、「ホーム」「よく使う項目」「デバイス」「ジェスチャー」の4つのボタンが登場。その中から「ホーム」をタップするとホームボタンの代わりとして機能します。もちろん、ダブルタップすればマルチタスク。画面上のアプリの上に位置しますが、数秒するとこのボタンは透けるので、下のアプリにも影響はありません。

設定の仕方は、「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「Assistine Touch」をON。もともとは、身体機能サポートとして用意されている機能ですが、ホームボタンが壊れたときにも活用できます。

iPhoneは本当に隠れ機能、というか全然しらない機能がたくさんあります。困ったときにそれを解決する機能がすでに搭載されていたり…調べれば調べるほどに面白いのがiPhoneなのです。

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です