癒し系?ほど良いゆるさと、飽きのこないデザインと、触れたくなる素材感。

iPhone5、本当に9月に出ますかね?出ますよね(笑) と、iPhoneをはじめ、電化製品、電子機器は続々と新しいものが生まれ、機能もデザインも進化していきます。それは素晴らしいことなのは間違いないですが、モノに対しての愛着を持ちにくくなったとも言えるのかもしれません。そんなことを思いながら、見つけたのが今回紹介するiPadケースです。

TATSUYA MAEMURA OBJECTOS〉が手がけるこのiPadケースは、その名も「PAD PILLOW」。この名前からもどこか癒し系(笑)。iPadのための枕…ですから。厚手のフェルト生地を使用し、iPad本体を包み込むようなホールド感とクッション感を実現。素材感を際立たせるシンプルデザインで、ソファの上にあるクッションのような存在です。生活の中に自然と存在してくれる、ほど良いゆるさ=さわり心地の良さ。愛着が湧くものって、やっぱりずっと触りたくなるもの、いい意味で使い古されて味が出ていくものなんじゃないでしょうか。

ちなみに、タツヤ マエムラさんは、ロンドンのチェルシー大学でファインアートを専攻し、2006年にデザインアカデミー・アイントホーフェン卒業。その後、サン・アドのプロジェクトプランナーも務めた人だそう。どこかデザインに、北欧のような空気感を感じませんか?デザインだけでなく、素材などの細かなディテール、モノの持つ質感や空気感まで考慮して選んでみるのも、いいモノを選ぶ秘訣だと思います。

販売は、全国の限られたインテリアショップ、雑貨店のみでの取り扱い。東海地方では、自転車アイテム+プロダクトデザインのセレクトショップ「cychedelic」で取り扱っていますので、実物を見ることもできます。ネット通販も可能。全4色展開、税込5,670円(グレイのみ税込4,935円)※価格は「cychedelic」の場合。iPad、iPad2のどちらでも使用できます。

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です