ポイントは、必要最低限という考え方。簡易スピーカーの決定版「Touch AMP」。

a

このブログでも、スマートフォンの普及により、生活の中で音楽の立ち位置がよりカジュアルになってきている、という内容の話をしたことあるかと思います。それに合わせてスピーカー、ヘッドフォン関連のアイテムも数多く紹介してきました。BluetoohやWi-Fiなどの機能の充実により、スピーカー市場もよりハイクオリティな音楽をコードレスで提供できるようになり、アイテムのバリエーションも圧倒的に増えました。音楽を共有するというシチュエーションもより身近になってきています。

今日紹介するのはスピーカー「Touch AMP」は、その中でも簡易スピーカーのジャンルに入るであろうアイテムです。スピーカーの上にスマートフォンを載せるだけ。それだけ。それだけで、音が増幅されスピーカーの役割を果たしてくれます。

「Near Fild Audio(TM)」、通称「NearFA(TM)」という、携帯機器からの音楽を近距離にあるアンプスピーカーに転送する新しいワイヤレス・オーディオ技術を採用され、ペアリングやアプリ設定などの面倒な作業が一切必要なし。スマートフォンの場合はケーブルも不要。付属のケーブルを繋げば、iPodなどのMP3プレイヤーにも利用できます。

BluetoothやWi-Fiなどを使用したスピーカーよりも消費電力を最低限に抑えることができるので、乾電池3本で約10時間の連続再生にも対応できるそう。

このスピーカーの考え方は、必要最低限。

高音質で聴きたいというハイスペックな音のクオリティを望む人には向かないが、とにかく、今すぐにこの音を誰かと共有したい!ちょっと聴いて欲しい!アウトドア環境で音が必要…など、ちょっと音楽欲しいそんなシチュエーションにはもってこいのアイテムだ。音楽とより身近に付き合う。そんな必要最低限ながら、必要最大限でもある欲求をさり気なく満たしてくれます。メーカー小売希望価格は、4,980円(税込)。カラーバリエーションも豊富に揃っています。

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です