スマートフォンユーザー必見!Bluetooth(R)対応コンパクトスピーカー。

a

 

iPodをはじめとした音楽プレイヤーが登場し、さらにその音楽プレイヤーの機能をスマートフォンが兼ねるようになった今。もちろん、音楽プレイヤーとスマートフォンをしっかり分けて使用している人もいるとは思いますが、スマートフォンで音楽を持ち歩いている人も多いと思います。なんとなく人が集まったときに音楽を流したり、ちょっと音楽を拡散したくなるシチュエーションも意外とあったりします。さらに、bluetooth(R)に対応した機種も圧倒的に増えた今、音楽を流す、拡散するためのスピーカーは“ワイヤレス”が当然になってきました!僕も、スピーカー探しているんですよね。その際に重要視するのは、音質は正直分からない部分も多いので、価格・サイズ・デザインが重きになってきます。

今日紹介するのは、10/20(土)に発売予定の〈SONY〉のワイヤレススピーカーシステム「SRS-BTV5」です。

bluetooth(R)対応のスピーカーって、本当数え切れないくらいたくさんあるんですが…、全体的にミニマムでエッジーな男性的デザインが多い印象です。今回、〈SONY〉からリリースされるのは、女性も使いやすい球体。某ロボットアニメのあいつみたいな見た目(笑)。サイズは約65mm×67.6mm×65mmなので、直径約6cm程度の手のひらサイズ。ミニマムなデザインとポップなカラーリングが特長です。形を球体にしたことで、360度全方向に音が広がります。

また、NFC搭載のスマートフォンや、おサイフケータイ対応Android搭載スマートフォンなどとのペアリングから接続・切断・接続切り替えがワンタッチで行える機能を搭載など、細かな機能も充実。

インテリア感覚のデザインとしての秀逸なので、自分の部屋の雰囲気を選ぶことなく活用できます。

iPhone5でDockコネクタが仕様変更になったことによって、Dockコネクタタイプのスピーカーも転換期、手を出しにくいタイミング(純正の変換コネクタも発売されてますが…)でもあるので、bluetooth(R)対応スピーカーはさらに注目です。

おすすめ関連記事はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です